guessのペアルックのシャツが海外でおしゃれなわけ。

日本人でペアルックをしているカップルを見るとなぜか冷めた目で見てしまう人は多いと思います。それが特によくわからない英語の文字が書いてあるとアメリカ人から見るととても笑える意味合いになっているらしく全然かっこよくない、と言われてしまうこともあります。私は海外に11年住んでいたのですが、日本より圧倒的に多いのがペアルックカップルの数。それもとても幸せで人生満喫中!というのが二人の様子からにじみ出ているカップルをたくさん見てみました。ああなるとペアルックもかなりのおしゃれ度を極めてしまうから不思議ですよね。海外でペアルックのブランドで一番見たのがguess.時計のブランドでも海外ではかなりの人気を極めてました。おしゃれでお手頃価格で男女問わず身につけれるのが人気。また海外の方はジーンズが大好きでジーンズでない人を探す方が難しい状態。その中でguessはジーンズに最も似合うおしゃれなカップルが身に着けるものという認識が高い様子でした。また郊外もアウトレットまで車を走らせると見たこともないお手頃価格の値段でguessのシャツや時計、アクセサリー、パンツ、が販売されているのでそれも購買意欲を高めるきっかけになります。またアメリカでは、古着として販売されているとguessは20円くらいで手に入ることもあるので私達の心をわしずかみにしてしまうわけです。そのうえ、guessは色のバリーエーションが多いので好きな色を選ぶのも楽しみの一つになります。海外の人は沢山の中から何かを選ぶという作業が好きですからね。

クリスチャンポールの腕時計

クリスチャンポールの腕時計が好きです。
シンプルなのに、上品な遊び心があってオシャレだからです。
若い年代の人から大人の年代と言われる人まで、幅広く使えるデザインも魅力の1つだと思っています。

高級感があるのに、お値段は2万円前後とこれも嬉しいところ。
自慢しちゃいたくなるこのオシャレな腕時計、いくつでも欲しいくらいです!

一番気に入っているのは、文字盤が大理石風のデザインのものです。
これからの季節にピッタリ!

このデザインって、かつてありそうでなかったのではないでしょうか。

どんなシンプルなお洋服にも、上品な華やかさをプラスしてくれるので、1つ持っていると重宝します。
逆に華やかな服装の時には、引き締め役にまわってくれる働き者。

若い人がつけると大人な雰囲気に変身させてくれ、大人がつけると可愛くしてくれる、不思議な腕時計。

文字盤が美しいので、よく素敵だと言われます。
共感してくれる人がいると、なんとも言えず嬉しい気持ちでいっぱいになり思わず笑顔です。

シンプルなデザインなので、腕時計と一緒にちょっと派手目なブレスレットをしてみると、これが絶妙なバランスで腕時計の魅力を更に引き立てます。
こういう使い方もありですね。

身に付けてる物が他人と被ると、とても残念な気持ちになりますが、このクリスチャンポールの腕時計は、被ることが少なそうです。
たとえ被ったとしても、「あらあなたもセンスがいいのね」と微笑むことができそうです。

彼氏、旦那と付けたいオシャレなペアウォッチなら【ペアウォッチショップ】 | http://pair-watch-shop.com/

自分の時間を刻む

全世界のファッショニスタ達から熱い支持を受けるイタリア生まれの腕時計ブランド「BRERA OROLOGI」

エッジを効かせ強烈な存在感を放ちながらも、クラシックで繊細なデザインが革命的とも言える腕時計は、海外セレブや芸能人にも愛用者が多い。

昨今は携帯電話の普及により、腕時計を身に付ける習慣自体が失われている若者が多い為、腕時計をファッションの一部として取り入れる人も多く、個々のニーズに応える為そのデザイン性や機能性は多種多様。

BRERA OROLOGIでは、自分好みにカスタマイズできるシリーズを発売しており、自分だけのオリジナルが手に入るのも魅力だ。

日本に目を向けてみると、トレンドだけを必死に追いかけ皆が同じファッションをしていた昔に比べ、今ではジャンルやトレンドに捉われず自由なファッションを楽しむ人が増えている。

そんな中、自分の個性をわかりやすく発信してくれるアイテムの一つとして、腕時計を選ぶ人は少なくない。

BRERA OROLOGIには、自然と人の目を惹きつけるオーラがある。例えば、シンプルなTシャツにも映えるその独創的でユニークなデザインは他とは一味も二味も違って見える。そしてトレンドレス。だからこそ世界中の人々に愛されているのだろう。

選ぶのは、無難な時間では無く自分にしか刻めない唯一無二の時間。

選ぶのは、誰もが持っている物では無く自分にしか持てない物。

BRERA OROLOGIなら、そんな欲張りな願いをも叶えてくれるかもしれない。

歴史的な名作を多く抱えるブランド、ゾディアックの復活

130年以上の歴史を持つスイスのウォッチ・ブランド「ゾディアック」は1882年に誕生しました。当初は懐中時計を中心に製造しており、小さな時計工房でした。1920年代に入ると腕時計の製造を始め、革新的な名作モデルを多くリリース。スイス初の自動巻きモデルを発表したのもこのゾディアックであり、その後は数々の斬新なモデルを発表しました。パワーリザーブ付きのモデルやダイバーズウォッチ、透明ディスクを文字盤に採用したモデルなど数々のヒット作を生み出す事に成功したのです。 一時期は日本での展開を中止していたゾディアックですが、ファンの期待に応えるように過去の名作をアップデートした「ヘリテージ・コレクション」を続々とリリース。本格展開を開始し、見事に完全復活を果たしました。 注目のモデルは、米軍内にも愛用者が多かったといわれる「スーパー・シーウルフ53」。名前が示すように1953年の名作ダイバーズを復刻したものです。台形のインディックス、リング状に加工した強化ガラスをはめ込んだベゼル。ライトグリーンの夜光塗料などオリジナリティーが溢れているモデルです。 次は「シーウルフ」。オリジナルよりサイズアップされたダイバーズ・ウォッチで、6,9,12、のインディックスが三角形のマーカーモデル。逆回転防止ベゼルに200M防水と、スペックは十分。熱狂的なファンが居るのも頷けます。 スペックの点でいうと「スーパーシーウルフ68」というモデルも見逃せません。1960年代で750Mもの防水性能を備えていたこのモデルは、アップデートにより1000Mの防水性能を持つハイスペック・モデルとなっています。 そして1970年代の名作「アストログラフィック」も見事に復活させています。エッジを立たせた、立体的な角型ケースを採用していて、文字盤は深い奥行きを感じることでしょう。最大の特徴は文字盤で、一般的な針を使用せず透明回転ディスクを使っています。まるで針が浮いているかのようなデザインで独自の美しさと視認性を確保しています。 他には、クッションケースが特徴のアンティークテイストの「シードラゴン」がラインナップされています。カラフルな文字盤が揃えられており、各シーンで活躍すること間違いなしのモデルです。 過去の名作をベースに次々と魅力的なモデルをリリースするゾディアック。細部のデザインや厳選された素材使い。装着感を犠牲にしない独自のデザインなど、今後も時計ファンの心をくすぐり続けることでしょう。

G-shockの時計購入を検討中

最近、腕時計の買い替えか、買い増しを考えている。 今の時計に性能的な不満は無いし、十分に動く。 見た目的にはビジネスシーンでも日常生活でも使えて便利な の物なのだが、一つだけ、困ったことがある。 バンド部分が金属製なので、冬場に着けると、とても冷たいのだ。 私は金属が肌に直接触れるのがあまり好きじゃなく、この時計を購入してそこそこ年数も経つこともあって、腕時計の買い替えか買い増しを検討しているわけである。 そんな中、最近、価格.comなどで時計を見ていて気になったのが、G-shockの「GA-100CB-1AJF」である。 まず、黒と青のカラーリングがとても自分好みでカッコいい。 次に、ワールドタイム表示など、基本的な性能は今の時計と変わらないが、液晶部分の表示がとても見やすい。 そして、バンド部分が樹脂バンドなので、金属の物よりは着け心地が良さそう。 値段も15000円台で予算範囲内のもうれしい。 それに加え、G-shockなので耐久性が高いことも魅力。 なんせ、今の仕事は結構激しく腕を動かすうえ、携帯を仕事場に持ち込めないので、耐久性の高さは大切だ。 そんな訳で「GA-100-CB-1AJF」のことが気になっているのだが、まだネットで見ただけなので、実物を見ると違う印象になるかもしれない。 それに、時計屋に行けば別のもっと自分好みの時計があるかもしれない。 とりあえず、まずは次の休みにでも時計屋に行って、実物がどんなものか確認してみたいと思う。

実績・生産量・知名度などトップクラスのウォッチメーカー・オメガ

オメガといえば、腕時計ファンではなくても聞いた事のあるブランドでしょう。その歴史は古く、1932年にロサンゼルスオリンピックで競技種目の公式計時を担当した事でも有名です。また、1969年に月に連れて行かれた時計としても話題を呼び、現在でも技術力や開発力など常に注目を集めています。 高耐磁性能モデルを次々にリリースして多くのファンを魅了し続け、現行のモデルは28種類。それらは4つのシリーズに分類されます。 まず最初に挙げられるのは、名作と名高い「スピードマスター」。1957年に登場した定番の手巻きクロノグラフや自動巻、デジタル表示モデルのクオーツ駆動のものまで揃えています。 そして、個性派が顔を並べる「シーマスター」。150M、300M、600M、1200Mといった防水性能だけで見ても数多くのモデルがあり、GMT機能やクロノグラフ、ブルヘッドケースのものなど、そのラインナップは多岐に渡っています。 「デ・ビル トレゾア」シリーズという、1949年に発表されたものを現代の技術で忠実に復刻したマスターコークシャルもあります。コーアクシャル手巻きムーブメントを搭載し超高耐磁性能を備えていることが特徴です。 そして、最後に紹介するのは「コンステレーション」です。このシリーズも、サイズや素材、カラーのバリエーションが豊富でオメガのスタンダードとも言えます。 メンズでもレディースで圧倒的な人気を誇るオメガウォッチ。大変高価ですが、ひとつくらいは手に入れてみたいものですね。

BRERA OROLOGI(ブレラオロロジ)腕時計専門店 | http://brera-watch.com/

創業140周年を超えたブローバの衰えない魅力

1875年に誕生した「ブローバ」は、1921年に懐中時計と時計の製造を開始。それ以降、メンズウォッチ、レディースウォッチと次々と展開し続け、成功を収めていきました。1945年にはアメリカ政府からの要望で軍用時計の製造を始め、数多く納入することになります。1960年には世界初の電子式腕時計「アキュトロン」を発表。このモデルは日差2秒以内という素晴らしいスペックを持ったモデルで、50年後に復刻版が発売されました。 そして、自動巻き時計のようなスイープ運針をクウォーツで再現することに成功したプレジョニスト・コレクションをリリースしてラインナップを拡大しました。この高性能のムーブメントは「UHFムーブメント」として、積極的に以降のモデルに搭載されていきます。 注目のモデルとしては、第二次世界大戦時のモデルをアップデートしたモデル「ミリタリーコレクション」です。使い勝手の良いクッションケースを採用し、ベゼル部分はコインエッジ。スーパーミノルバを使った文字盤も抜群の視認性を持っています。ムーブメントはやはり「UHF」を搭載しデイト付きの3針とクロノグラフがあり、ケースや文字盤ともに複数のタイプが揃っています。 そして、もうひとつのオススメは捻じ込みプッシュボタンの採用で300Mの防水を可能にした「シーキング・コレクション」です。逆回転防止ベゼルはもちろんのこと、サファイヤクリスタルにスクリューバックケースを使用し非常にハイスペックで高品質なモデルとなっています。シンプルな3針にクロノグラフがあり、ケースや文字盤のカラーも選択加工です。 140年前の創業時から、ブローバは腕時計ファンからの高い評価を獲得し続けています。